The sky is the limit

Vue.js、PHP、Javaなどに関する開発情報を発信しています。時々日常生活に関しても触れます

PancakeSwapでSAFEMOONを購入する方法

PancakeSwapでSAFEMOONを購入する方法

safemoon
safemoon

はじめに

当記事ではSAFEMOONの購入方法を記載していますが、決してSAFEMOONの購入を促すものではありません。

note.com

こちらで指摘した通りでSAFEMOONはまだ新しいコインですので投資元本を失う可能性もあります。投資はご自身の判断と責任のもとおこなってください。



safemoon.net

また仮想通貨のウォレットや取引所などを模したフィッシングサイトが増えています。
URLが公式サイトのものと違ったりしないか、怪しい入金を促されたりしないかを常に確認しましょう。
今回の記事で紹介するサイトは以下の3つです。

PancakeSwap

https://pancakeswap.finance/

pancakeswap.finance

特にドメインが同じかどうか注意深く観察してくださいね。
最近ではエアードロップの詐欺もよくあるので注意しましょう!

【番外編】100倍銘柄?MEXを無料で手に入れる方法

エアドロップで$MEXを受け取る方法などを紹介しています!是非!
www.sky-limit-future.com

事前準備

ご自身が既にどこかの取引所の口座を開設している場合は、そこでBTCを購入しましょう。

(※追記)BTCは送金手数料が高いので、気になる方は他の仮想通貨(例えばXRPなど)でも可能です。ただしBTCと送金方法が違う場合もありますのでよく調べてからにした方がいいと思います。

どの程度の金額を買うかはご自身の判断にお任せしますが、各種手数料を考慮して投資額よりも多めに用意しておくのがいいと思います。
特にPancakeSwapでは各種アクション時にBNBが必要になります。BNBがなくなると何もできなくなってしまうので注意しましょう。
ちなみに私は5万円分のSAFEMOONを購入しようと思ったので、余裕を持って8万円分くらいのBTCを用意(元々持っていたBTCのうち一部を送金)しました。
また注意点として

2021年4月時点で0.1BNB未満は出金出来ない

というルールがあったのであまりに小さい額だと何もできなくなってしまいます。
2021年4月20日11時20分時点では6000円 = 0.1BNBくらいですので、最低でも1万円くらいあればいいかなと思います。
coinmarketcap.com

BNBの円換算は上記リンクから確認できます。

まだ取引所の口座を持っていない場合は下に進んでBinanceの口座を解説してBTCを購入しましょう。
口座がない状態からSAFEMOONを購入するのは難易度が高い(というかどこから情報を得てきた?)ですし、私自身Binanceで現金からBTCを購入したことがないので手数料が高いとか、そもそも日本円で購入できるかもわかりません。
よって可能であれば国内のどこかの取引所口座を解説してからがおすすめです。あと仮想通貨初心者であればもうちょっとメジャーなものにも手を出してみましょう!(笑)
手数料的なことを考えるとDMMBitcoinかGMOコインかなと思います。
GMOコインの口座開設は以下のリンクからできます。
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】



Binance口座を開設してBTCを入金する

まずはBNBを手に入れる必要があるのでBinance口座を解説しましょう。

accounts.binance.com

上記リンクから画面に沿って登録しましょう。

登録ができたらBTCを入金しましょう。

(※注)今回だけに限らず、仮想通貨の送金時に設定を誤ると送金したものが失われる可能性があります。注意して実施してください。
またMetaMaskに送金したけどウォレットに表示されないからといって必ずしも資金が失われたというわけではありません。デフォルトでは表示されないこともあるのでその点もご注意ください。
送金にはリスクが伴いますので「テスト送金」を必ずすることをお勧めします。投資だけでなく送金に関してもご自身の判断と責任の元でおこなってください。


公式サイトに入金方法の解説があるので参考にして入金してください。
www.binance.com
以下に2021年4月20日時点での方法を簡単に記載していますが、古い情報になっている可能性もあるので必ず上の公式サイトの説明を参照してから実行してください。(以下の記載内容を参照して送金した資金が喪失した場合でも責任を負えませんのでご了承ください。公式サイトを参照するのがベストだと思います)

アプリの場合

Binanceアプリの「入金」画面に行って、対象となる通貨(今回はBTC)を検索します。すると画面上部にネットワーク(BTCとかBEP2など)を選択するボタンがあるので、「BTC」が選択します。(共通に移動します)

ブラウザの場合

ヘッダーメニューに「ウォレット」があるので、その中の「フィアットと現物(入金と出金)」があるので、こちらを選択して画面に移動します。画面上部の「入金」ボタンが選択されていることを確認して、対象となる通貨(今回はBTC)を検索します。BTCのアクションのなかに「入金」リンクがあるので、そちらをクリックします。(共通に移動します)

共通

QRコードとBTC入金アドレスがあるのでアドレスをコピーして、自分がBTCを保持している取引所から出金する際に、ここでコピーしたアドレスを送信先に選んで送金すれば完了です。

送金手続きからしばらくすると入金が確認できると思います。
そうしたら入金したBTCでBNBを購入します。

BNBを手に入れる方法は大きく2つで「コンバート(変換)」と「クラシック(両替)」です。

コンバート

www.binance.com
この画面から可能です。今回はBTC→BNBを想定しているので
振替元にBTCを選択して数量を入力します。
また振替先にBNBを選択します。するとコンバージョンプレビューのボタンが押せるのでどういう結果になるか確認しましょう。
OKナラコンバートを実施します。

クラシックは公式サイトに方法が記載されています。
こちらを参考にしてみてください。
www.binance.com


MetaMaskでBNBを受け取る

まずはMetaMaskを導入します。
news.blockchaingame.jp

MetaMaskはフィッシングサイトがあるようなので注意してください。URLはhttps://metamask.io/です。

インストールができたら設定をしなければなりません。このままBNBを送金すると喪失してしまう可能性があるので注意しましょう。
BNBを受け取るためにはBSC(バイナンススマートチェーン)に対応できるように設定しないといけません。
Metamaskは元々イーサリアムのwalletとして使われていましたが、ちょっとした設定でBSCにも対応できます。
公式サイトに説明があるのでこちらを参考に設定してください。
academy.binance.com

公式サイトのチュートリアルではブラウザ版(Firefox)を使っていますが、その他のプラットフォームでも手順はほとんど同じです。

私は上記サイトに加えて以下のページも参考にさせていただきました。
【画像で解説】BinanceからMetamaskにBTCとBNBを送金するやり方【BTCBトークン】 | 奨学金1500万阪大薬学卒のお金・薬学ブログ
とてもわかりやすい。私もこんな記事が書けるようにしたいです。

MetaMaskをPancakeSwapと接続する

次にMetaMaskとPancakeSwapを接続します。
ブラウザ版とアプリでは若干接続方法が異なるので間違えないようにしましょう。
個人的にはブラウザ版の方が使い勝手がいいと思います。アプリも緊急用に接続はしていますが、普段はブラウザ版を利用しています。

ブラウザ版を使っている場合

まずはPancakeSwapにアクセスします
pancakeswap.finance

ここでもフィッシングサイトには注意しましょう。URLはhttps://pancakeswap.finance/です。

画面右上に「Connect」というボタンがあるのでクリックしてください。
するとウォレット選択画面が出てくるので、今回は一番上のMetaMaskをクリックしましょう。
この時にアカウント選択する画面が出てくるので、先ほど設定したBSCに対応したアカウントに接続するようにしましょう。

アプリを使っている場合

BSC用に作成したアカウントを使います。
左上のメニューから「ブラウザー」を選択します。
すると検索バーが出てくるので

https://pancakeswap.finance/

を入力しましょう。
ここで「PancakeSwap」で検索すると候補にフォッシングサイトが出てきてしまう可能性があるので、できれば公式サイトのURLを入力して直接公式サイトに行くのが望ましいです。
アクセスできたら画面右上の「Connect」をクリックします。
するとウォレット選択画面が出てくるので、今回は一番上のMetaMaskをクリックしましょう。
その先の画面で「Connect」をクリックします。


これでPancakeSwapに接続することができたはずです。
接続できたものが先ほど設定したBSCネットワークに対応したものかどうかも必ず確認しましょう。

PancakeSwapでSAFEMOONを購入する方法

公式サイトにも説明があります。
https://safemoon.net/guidesafemoon.net

画面上からは左側のメニューにある「Trade」から「Exchange」を選択しましょう。選択されているボタンが「Swap」になっていることも確認しましょう。
もしくはこちらのurlに直接アクセスすることでも購入可能です。
https://exchange.pancakeswap.finance/#/swap?outputCurrency=0x8076c74c5e3f5852037f31ff0093eeb8c8add8d3
exchange.pancakeswap.finance

アプリを利用している場合は、MetaMask内のブラウザからアクセスしてください。

今回はfromにBNBを選択し、toにSAFEMOONを選択します。(上のurlでアクセスした場合は自動的にSAFEMOONが選択されていると思います)
保持しているBNBをどれだけSAFEMOONにするかを決定します。
(※注)PancakeSwapでは何かアクションをするたびにBNBが必要になりますので、ここで全てのBNBをSAFEMOONに変換すると何もできなくなってしまいます。
あまり取引を繰り返さないのであれば0.005BNBくらい残しておけば大丈夫です。不安な方は0.02BNBくらいは残しておきましょう。

このまま「SWAP」ボタンを押しても購入に失敗します。公式サイトでも説明されていますが、正しく購入するためには設定を変更する必要があります。画像の赤丸で囲った部分で変更できるのでクリックしてください。
purchaseSafeMoon

クリックすると以下の画面が出てきますので、赤丸で囲った部分を「11」に設定してください。

f:id:duo-taro100:20210420123619p:plain

入力したら右上の×ボタンで閉じて、元の画面で「Swap」をクリックします。
たまにエラーが出ますが、何度か繰り返していれば購入できるはずです。
それでも購入できない場合は、先ほど「11」に設定した値を少しずつ大きくしてから、購入を試みてください(※最大14まで)

以上で購入できたと思います。

オススメコイン

中級者〜上級者向けのコインを紹介しています!
その名も$FTM!!ぜひご覧ください!
$FTMの購入方法と活用方法【SpiritSwapファーミング】 - The sky is the limit

最後に

繰り返しになりますが、当記事は決してSAFEMOONの購入を促すものではありません。
購入はご自身の判断と責任でおこなってください。
また仮想通貨の送金には喪失リスクがあります。こちらも公式サイトを参照して正しい手順と設定で実施してください。
当記事を参考にして喪失した場合でも責任を負う事はできませんのでご了承ください。
フィッシングサイトによる詐欺などにも気を付けましょう。


以下追記(2021/5/14)

購入したコインの 残高の確認方法

方法としてはいくつかありますのでどれかで確かめてみてください。

MetaMask上でトークンを登録して確認する

MetaMask上(PC版でもスマホでもほぼ同じ)でアセット(トークン)タブを開きます。
すると一番下に「トークン の追加」と表示されるので、カスタムトークンのアドレスに以下のアドレス(ここでがSAFEMOONのアドレス)を入力

0x8076c74c5e3f5852037f31ff0093eeb8c8add8d3

そうすればMetaMask上で残高が確認できます。
(デフォルトで表示されている可能性もありますが忘れてしまいました)

bscScanで確認する

PCの場合、Metamaskの右上の「●」が縦に3つ並んでいるメニューをクリックして、「Explorerで表示」をクリックします。
スマホの場合は左上のバーガーメニューから「表示方法 Bscscan」をクリックします。
するとwalletの状況が表示されますので、「Token」と記載のあるセレクターをクリックすれば自分の保有しているトークンとその数量が分かります。

PancakeSwapで確認する

PancakeSwapでwalletを接続してください。
Swapの画面で銘柄を選択するとその銘柄の保有数量が表示されます。
exchange.pancakeswap.finance