The sky is the limit

ハイブリッドアプリ開発、PWAなど効率の良いiOSアプリ、Androidアプリ開発の情報を共有したい。アプリ開発は楽しい。【PWA、AngularJS、Monaca、Cordova、OnsenUI】

【Android】SDKインストール後のPATH設定【Mac・.bash_profile】

【Android】SDKインストール後のPATH設定【Mac・.bash_profile】

f:id:duo-taro100:20160218004611p:plain

【Android】SDKインストール後のPATH設定【Mac・.bash_profile】

今回は、Macを使ってAndroidアプリ開発環境に必要な、SDKインストール後のPATHの設定方法を備考録。
.bash_profileの新規作成方法から編集方法・編集内容まで。

<目次>
.bash_profileの有無確認
.bash_profileの作成
.bash_profileの編集
.bash_profileの反映

.bash_profileというのは、ターミナルの設定ファイルで、ユーザーごとに保有できるもの。
なくても問題ないので、今までにPATHの設定をしなかった場合は新規作成から実施しなければならない。

.bash_profileの有無確認

まずは.bash_profileがあるかどうか確認する。
.bash_profileはホームディレクトリにある。
以下、ターミナルでの作業。

ホームディレクトリへの移動

$ cd

存在確認

$ ls -la

ここで表示されている中に.bash_profileがなければ、新規作成の必要がある。

.bash_profileの作成

.bash_profileがなければ新規作成。
すでにある場合は.bash_profileの編集を参照。

.bash_profileの新規作成

$ touch .bash_profile

作成されたか確認

$ ls -la

これで.bash_profileが存在するはず。

.bash_profileの編集

.bash_profileの作成が完了(もしくは最初からある)したら、今度は編集する。

編集する

$ vi ~/.bash_profile

新規作成の方は、何も記載がない。
.bash_profileが開かれたら、「i」を入力する。
こうすることで、入力モードになり書き込みが可能。
(ターミナル下部に「-- INSERT --」と表示される)

以下の2行を書き込む

export ANDROID_HOME=/Users/{Username}/Library/Android/sdk
export PATH=${PATH}:$ANDROID_HOME/tools:$ANDROID_HOME/platform-tools

{Username}となっているところは、各自変更。
分からない場合は、

ホームディレクトリに移動

$ cd

作業ディレクトリを表示

$ pwd

/Users/{Username}

のように返ってくると思うので、この値を使う。
僕の場合は{Username} = duotaro なので

export ANDROID_HOME=/Users/duotaro/Library/Android/sdk
export PATH=${PATH}:$ANDROID_HOME/tools:$ANDROID_HOME/platform-tools

書き込んだら(コピーして、{Username}を編集したら)、「esc」キーを押下。
すると、入力モードが解除(-- INSERT --が消える)されるので、「:wq」と入力 → Return(Enter)。
すると、記入した内容で保存される。

.bash_profileの反映

.bash_profileの変更内容はターミナルを開き直すか、sourceコマンドを使用しないと反映されない。
ここでは、sourceコマンドを使用して反映させる。

更新

$ source ~./bash_profile

内容が反映されているか確認

$ echo $PATH

これで先ほどの内容が表示されたら完了。