The sky is the limit

Vue.js、PHP、Java、Cordova、Monacaを中心にハイブリッドアプリ開発、PWA開発など効率的なWEB、iOS、Androidアプリ開発の情報を共有します。

【MAMP】MAMPでPHP開発環境を整える【MySQL PHP 環境構築】

【MAMP】MAMPでPHP開発環境を整える【MySQL PHP 環境構築】

ここではPHPの開発環境を簡単に整えることのできるMAMPの導入から、PHPでHello World!と出力するまでを説明します。
Macでの開発環境導入になりますのでご注意ください。

MAMPのインストール

まずはMAMPのインストールを実施します。

MAMPのダウンロード

こちらのページからダウンロードします。

MAMP & MAMP PRO - Downloads

f:id:duo-taro100:20180403153851p:plain
「Download」ボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

MAMPのインストール

ダウンロードしたインストーラを起動して、インストールを開始します。
ひたすら「続ける」をクリックします。
f:id:duo-taro100:20180403153908p:plain

「同意する」をクリックします。
f:id:duo-taro100:20180403153917p:plain

「インストール」をクリックして、パスワードを入力します。
f:id:duo-taro100:20180403154056p:plain

これでインストールの完了です。

MAMPの使い方

MAMPのインストールが完了したので、MAMPを使う方法を解説します。
まずはFinderで以下のディレクトリに移動します。
アプリケーション > MAMP

ターミナルを使う場合は

$ cd /Applications/MAMP

のようにしてください。

f:id:duo-taro100:20180413223618p:plain

MAMPを立ち上げる時はMAMP.appを使います。
また、自分のソースコードを編集する場所は以下の箇所です。

アプリケーション > MAMP > htdocs

$ cd /Applications/MAMP/htdocs

ソースコードの編集については、後ほど詳しく説明します。

MAMPを立ち上げる

ますはMAMPを立ち上げてみましょう。
先ほどのディレクトリ(アプリケーション > MAMP)で「MAMP.app」をダブルクリックします。
すると、MAMPのコントロール画面が立ち上がります。

設定の確認

サーバーを起動する前に、設定を確認します。
画像のように「Preferences...」から「Ports」タブを選択します。
デフォルトのままでも問題はありませんが、「Set Web&MySQL ports to 80 & 3306」ボタンを押して設定を変更しましょう。
設定変更をしない場合は、Apache Portの値を覚えておきましょう。

f:id:duo-taro100:20180403154212p:plain

設定が完了したら、次にサーバーを起動します。

サーバーの起動

「サーバーを起動」をクリックしてサーバーを起動します。
パスワードが要求される場合もあるので、PCのパスワードを入力しましょう。
するとコントロール画面の右上の「Apacheサーバー」と「MySQL Server」のマークが変化します。

f:id:duo-taro100:20180403154234p:plain

これで完了です。

PHPでHello World!

これでPHPを動かす環境ができたので、PHPで「Hello World!」を出力しましょう。

index.phpを作成する

テキストエディタを用意して、以下の内容でセーブします。
名前はindex.phpにしましょう

<?php

	echo 'Hello World!';
?>
オススメのテキストエディタ

オススメのテキストエディタはこちら
www.sky-limit-future.com

index.phpをhtdocs直下に配置

先ほど説明した

アプリケーション > MAMP > htdocs

の下に、作成したindex.phpをおきます。

f:id:duo-taro100:20180413223618p:plain

localhostにアクセス

ここまできたら、Hello World!の出力ができるはずです。
ブラウザで

http://localhost/

にアクセスして、「Hello World!」と表示されたら完了です。
先ほどのポート番号の設定変更をしていない場合で、ポート番号が「XXXX」とすると

http://localhost:XXXX/

にアクセスすれば「Hello World!」と表示されます。
ちなみにindex.phpの場合だけは

http://localhost/

でアクセス可能ですが、test.phpであれば

http://localhost/test.php

とする必要があります。
以上です。